よくある質問 Q&A

眼科では遺伝なので仕方がない、トレーニングしても意味がないといわれましたが
こちらに通えば、本当に視力があがるのでしょうか?

生まれてすぐの赤ちゃんは皆遠視で、視力0.1未満です。
3歳から6歳程度で遠視が残っている場合は遺伝ではなく成長が少し遅いだけなので、今後視力1.0以上になる可能性は十分あります。
6歳の時点で視力1.0見えていて、その後小学校に入ってから視力が下がったのならば、小学校に入ってからの生活や習慣が原因であって先天的な遺伝ではないと思います。
近視の進み具合や眼鏡の使用状況、視力低下してからの経過時間でどこまでよくなるかは確かに個人差がありますが、全くよくならないという方は弱視や先天的異常でなければほとんどいらっしゃいません。
初回の無料体験で近視の進み具合とどの程度までよくなる可能性があるのかを判断し、マシーントレーニングを体験していただいて再度視力を測定いたしますので、その結果でご判断いただければと思います。

遠視でもよくなるのでしょうか?
遠視のお子さんでも屈折性遠視の部分はアイトレーニングで十分よくなります。
大人の私でもよくなるのでしょうか?
大人の方でも近視の進み具合によってどこまでよくなるかは個人差が出てしまいますが、よくなります。過去に主婦の方で免許のメガネの条件が取れたという方が何人もいらっしゃいます。私自身、開業前は運転時のみメガネを掛けておりましたが、アイトレーニングのおかげで裸眼視力0.8以上になり、平気で裸眼で運転できるようになっております。
また、子供より大人のほうが視力回復後の視力は安定しているというデータもあります。
ただしコンタクトを使用しているとせっかくよくなってもコンタクトの度に合わせて戻ってしまいますので、視力を回復させたいのでしたらコンタクトの使用を中止する必要があるので、ご理解のほどお願いいたします。
以前レーシックをしてたのですが、また視力が下がってしまいました。
そういった場合でもよくなるのでしょうか?
レーシックをして視力が下がった方でも、アイトレーニングで視力は上がります。
実はレーシックをしてもその後、視力低下する前となんら変わらない生活(一日にPC、スマホを何時間も行うなど)をしていたら、当然また視力は下がります。ちなみに、眼科ではそういったことを事前に教えてはくれません。
当店でどこまで回復するかは、レーシック後に進んだ軸性近視の度合いによって個人差が出てしまいますので、初回の体験で詳しく眼の状態をチェックし、どの程度まで回復可能か診断させていただきます。
週2回通わなければ、よくならないのでしょうか?
裸眼視力0.7以上の仮性近視の方なら、週1回でもよくなります。
それ以下の方は、週1回では視力低下予防程度になり週2回、3,4日に1回のペースでご来店いただくことで視力が回復してまいります。
どのようなことをするのでしょうか?
「遠近瞬間切替視トレーニングTM」装置というアイトレーニングの専用トレーニングマシーンを使って、10分間お好きなビデオを見ていただくだけです。動画で説明しておりますのでこちらをご覧ください。http://www.youtube.com/watch?v=cl2GIjlmU2E
眼科でワックというトレーニングをして効果がなかったのですが、
その機械とは何が違うのでしょうか?
ワックは、装置を覗くと同じ写真が前後に行ったり来たりするのだと思います。
これまでご来店される方の情報から分析すると裸眼視力0.7以上ある仮性近視のお子さんには効果がある場合があるようです。
しかし、裸眼視力0.7未満に落ちてしまったお子さんは、写真が一番遠くに移動したときはっきり見えなくなり、ピント合わせの筋肉が正常に動かなくなっているようで効果が出にくいようです。
また、2、3回なら物珍しくて同じ写真でも見ていられますが、4回5回も同じ写真を見ていてもお子さんには面白味がなく、集中して見られないためますます効果が出にくくなるものと推測しております。
一方アイトレーニングの専用マシーンは10cm先と40cmから60cmと視力に応じて距離を調節できるので、視力0.1未満の方でもはっきり見える距離の間を遠近運動してみていただけますし、何よりもお子さんの興味のあるアニメなどの動画を見ていただくだけなので、毎回楽しくかつ集中して見ていただくことにより効果が出やすいと考えております。
通いたいのですが遠方でどうしても通うことができません。
どうしたらいいでしょうか?
0.7以上の方なら週1回毎週土曜日にご来店いただくだけでもよくなってきます。
0.6以下の方はすでに軸性近視が入っている可能性が高いので、週1回ですと0.6の視力を維持する程度になってしまいます。
どうしてもご来店することができないが、何とか自宅で視力がよくなる方法を教えてほしいというご要望も開業以来たくさんいただいておりました。
そこで、2006年より当店に入会をされるときにお教えしている自宅トレーニングの方法と視力低下の原因、視力回復の仕組みなど体系的にまとめたマニュアルとトレーニンググッズ、アイストレッチというトレーニングを音声で誘導するミュージックや特別レポートをPDFファイルにまとめたCD-ROM付で販売しております。どうしても通えないという方は是非ご利用ください。

自宅で楽々視力アップ アイトレーニングコンプリートキットの販売はこちら
  → http://www.siryoku-up.com/index.htm

購入された方は全国どこにお住まいでも、当店の会員さんという立場になり、メールサポート、フォローメルマガの配信等で、お子さんの視力回復が成功するよう、誠心誠意対応させていただいております。(購入者の声にありますとおり、すでに数百人以上の方が自宅で視力回復に成功されております。)
どうしてアイトレーニングは効果が高いのか?
眼科で行われるワックは、写真や絵が行ったり来たりするものを見る装置ですが0.7以上ある仮性近視の方には効果が出るときもあります。
しかし、0.7未満にまで落ちてしまったお子さんは一番奥に行ったとき、その写真がぼやけてしまっていると思います。ぼやけているということはピント合わせできておらずピント合わせの筋肉も動いていないので、効果が期待できないということになります。
また2、3回同じものを見ていると、お子さんは飽きてしまいます。
その結果集中力もなくなりトレーニング効果の期待が薄れてしまいます。
一方、アイトレーニングの遠近瞬間切替視トレーニングTMマシーンはトレーニングといっても、大好きなビデオを見るだけです。近くは10cm程度奥行も50cmから60cmと短く0.1以上ある方ならどちらもはっきり見ることができます。
また、お子さんが日頃見ているアニメなど興味があるものを10分見ていただくだけなので、集中して最後まで見続けることができます。
その結果、楽しんで集中して続けることができるので他のトレーニングに比べ効果が出やすくなります。

ページの先頭へ

  • HOME
  • アイ・トレーニングとは?
  • お客様の声
  • よくある質問 Q&A
  • アクセス
  • お問い合わせ

県外の方はこちら